胡蝶蘭の価値

胡蝶蘭といえば、おめでたい席にはぴったりの豪華さを持った花です。
原産地は台湾やフィリピンなどの温かい地域で、庁に似たような形の花を咲かせることから、胡蝶蘭という名前が付けられたといわれています。
長持ちするのも特徴の一つで、豪華な花のまま長時間花を持たすことができるので、おめでたい席に似合うのです。
うまく管理してあげることができれば、2か月以上花を持たすこともできます。
途中で花が落ちてしまうようでは縁起がよろしくありません。
胡蝶蘭の鼻持ちの良さは、開店祝いや開所祝いにも向いているといえるでしょう。
うまく育てていくことができれば、花が散ってもまた咲かすことができます。
こうした楽しみも、胡蝶蘭の良さでもあるのです。


花言葉もめでたい席に向く、幸福の飛来や到来という意味があります。
色によって違いもありますが、その花が蝶に似ているのですから、幸福を蝶が運んでくれるかもしれません。
それほどの美しさを持っているからこそ、誰にでも好まれる花なのです。


非常に豪華で美しい花を持つ胡蝶蘭ですが、決して安い花ではありません。
花の数や本数によっては、数万円を超える値段がついたりもします。
そのため、簡単に購入して贈るわけにもいかないのが、胡蝶蘭でもあるでしょう。


高価な花になってしまうのには、それなりの理由があります。
簡単に花を咲かすところまでいかないということもありますが、ほかにもいろいろな理由があり高価なものになっているのです。


▽特選サイト
新規店舗オープンや移転祝いなどに欠かせない胡蝶蘭の通販サイトです ⇒ ⇒ 胡蝶蘭 通販

Copyright © 2014 胡蝶蘭はなぜ高価なの? All Rights Reserved.